当社のCSR (Corporate Social Responsibility)

企業行動基準

  三徳化学工業株式会社では、「企業理念」の目的・方針を実践していくうえでの倫理上の基本ルールとして
  「企業行動基準」を定め、役員および社員が遵守すべき事柄を明らかにし、公正な競争を通じて付加価値を
  創出し、雇用を生み出すなど経済社会の発展を担うとともに、広く社会にとって有用な存在となるために、
  以下に基づき、内外において、人権を尊重し、関係法令、国際ルールおよびその精神を遵守しつつ、持続可
  能な社会の創造に向けて、高い倫理観をもって社会的責任を果たしていきます。


  1.社会的責任の自覚

  本基準の精神の実現が自らの役割であることを認識し、率先垂範の上、社内ならびに関係企業にその徹底を
  図るとともに、取引先にも促し、また、社内外の声を常時把握し、実効ある社内体制を確立します。


  2.コンプライアンスの徹底

  各国・地域の法律の遵守、人権を含む各種の国際規範の尊重はもとより、文化や慣習、ステークホルダーの
  関心に配慮した経営を行い、当該国・地域の経済社会の発展に貢献します。


  3.リスクマネジメントの徹底

  事業目的の達成、及び健全かつ持続的な発展をより確実なものとするため、リスクを把握・分析評価しなが
  ら、これに対応することによってリスクを適切に管理徹底します。


  4.適正な情報開示と保護管理の徹底

  当社をとりまく関係者や広く社会とのコミュニケーションを行い、会社情報を適切に開示し、また、個人情
  報・顧客情報等の各種情報の保護・管理を徹底します。


  5.信頼される製品の安定供給

  社会的に有用で安全な品質の商品・サービスを開発、提供し、消費者・顧客の満足と信頼を獲得します。


  6.公正・適正な取引の推進

  公正、透明、自由な競争並びに適正な取引を行い、また、政治、行政との健全かつ正常な関係を保ちます。


  7.健康経営と働きやすい職場環境づくり推進

  従業員の多様性、人格、個性を尊重するとともに、安全かつ心身ともに健康で働きやすい環境を確保し、
  ゆとりと豊かさを実現します。


  8.化学物質の悪用防止

  国内外の平和と安全維持のため、化学物質の盗難防止を徹底し、また悪用の未然防止に努めます。


  9.環境保全活動の推進

  環境問題への取り組みは人類共通の課題であり、企業の存在と活動に必須の要件として、主体的に行動
  します。


  10.地域社会とのつながり

  「良き企業市民」として、積極的に社会貢献活動を行います。


このページの先頭へ